健康ライフ清水

胃痛の原因と症状

胃痛の症状も色々あって、単に食べ過ぎであれば胃が重くシクシクと痛みますし、急性のものであれば、キリキリと締め付けるような痛みで動きが取れず、しばらくその状態で我慢しなければなりません。神経性胃炎の胃痛であれば、何か思い悩んだりストレスを感じた時、直ぐにでも痛みは始まり、あっという間に胃炎の症状になっています。通常、殆どの原因は食べ過ぎによる消化不良や、或は急性の場合でしたらストレスや冷え、体調不良などから起こりやすいものです。この場合でも、しばらくすれば胃痛は治まり動けるようになりますので、一時的なものである場合もあります。

ストレスから来る神経性の胃痛でしたら、その原因になったと思われることの内容を把握して、ストレスにしない努力と、なってしまった場合は、なるべく早くこの症状に対する薬を飲むことです。遅れれば遅れる程症状が酷くなって、回復に時間が掛かるようになります。その他では、既に胃に病気が出ていて、それが元で胃痛になっている場合もあります。この場合は即刻、病院やクリニックといった専門の所で、所定の検査してもらう必要があります。この場合も、軽症であれば良いのですが、重大な病気になっていると後が大変になります。

胃痛の改善法

日本人の四人に一人は胃に不調を感じているといわれ、現代社会において胃痛に悩んでいる人は非常に多くいます。
胃痛が起こる原因は幾つかあり、自分の胃痛を引き起こしている原因を突き止めると改善法も見えてきます。
まず考えられるのは食べすぎが原因によるものです。
大量の食べ物を摂取すると、消化が間に合わないので蠕動運動が低下し、胃の中に食べ物が長時間残っている状態になるので胃痛を引き起こします。
食べすぎで起こってしまった場合にはまず食べ物をしばらく口にせず胃と腸を休ませます。
食べ物が消化されてしまえば痛みもなくなります。

それでも痛みがなくならない時は胃の粘膜に炎症を引き起こしている事が考えられます。
大量の食べ物を消化する為に大量の胃酸を分泌し早く消化させようとしますが、胃酸は極力な消化液ですのであまり大量に分泌されてしまうと胃の粘膜にダメージを与え炎症となってしまいます。
こういった場合は胃を休ませ症状が治まった後の食事を消化の良いものに切り替えるなど、なるべく胃酸を出さないようにして炎症を抑えるように気をつけます。
常に炎症を起こすような食生活をしていると更に胃に変調をきたし、より症状の重い病気になってしまう場合もあるので日々の食生活には気をつけます。
ストレスなどにも敏感な器官でもあるので、あまりストレスを溜め込まず適度に解消する工夫も改善法の一つといえます。

歳を取ると、胃が弱くなってきます。だんだんと脂っこいものを苦手としますし、ちょっとしたことでも胃もたれを起こしがちです。
そうなると体調が悪くなりますので、胃の健康は気を付けておいて損はありません。

  • 健康ライフ清水月間スケジュール

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 健康ライフ清水キーワード